ソフトウェアエンジニアの雑記

ソフトウェアエンジニアである著者による雑記ブログ

MENU

面白い科学読み物を探そう 〜面白い本〜

2011年に読んだ「儲けたいんなら科学じゃないの?」という本の冒頭で成毛眞さんが

逆張りとしての科学技術のすすめ
・・・しかし自然科学や科学技術についての
本を読まないビジネスマンが実に多い。
・・・読書においては多くのビジネスマンが
こぞって「ドラッカー」の入門書を買っている時は
「ドラッカー」ではダメなのだ。自然科学こそがこれからの逆張りの方向なのである。
逆にみんなが科学技術に注目しているのであれば
一人だけ「ドラッカー」を読むべきだ。

と述べられていた。
現在に置き換えてると,みんなが注目している
ことといえば
・AI
・IoT
・〇〇Tech
と言ったところだろうか。
ここに逆張りするとなると・・・何だろうか 。
ソフトウェアエンジニアの観点からすると
あまりない気がする。

儲けたいなら科学なんじゃないの?

儲けたいなら科学なんじゃないの?

 

それはさておきこの本を読んで
科学読み物に興味を持ったので
面白い本を紹介している本書をパラパラめくってみた。 

面白い本 (岩波新書)

面白い本 (岩波新書)

 

◼︎目次
1.ピンポイント歴史学
2.学べない生き方
3.ヘビーなサイエンス
4.シチュエーション別読書法
5.嘘のノンフィクション
6.大変な本たち
7.金と仕事とものづくり
8.事実は小説より奇なり
9.鉄板すぎて紹介するのも恥ずかしい本

◼︎いつこの本を読んだのか?
2017年

◼︎なぜこの本を読んだのか?
面白い科学読み物を探すため

◼︎この本を読んで変わったこと

シチュエーションによっては,
普段読まない本も思わず手にとってしまうものである。
例えば筆者には大変失礼ながら,トイレという一人っきりになれる特殊な環境で読むからこそ
意外な本と出会える本もあると思う。 

トイレで読むと良い?と紹介されている中に
・ゲームシナリオSF辞典
・ピューリツァー賞 受賞写真 全記録
と言った辞典的なものがあり,
そこに一番興味を惹かれた。

科学読み物に関しては
一つの分野を深く読み込むと言うより
辞典的なものをまずさらーっと見通すのが
良いのかなと感じた。

なので百科事典的なものを一通り
読んでみることにしよう。

静かで独立した暮らしを実現するには? 〜考える生き方〜

心の調子が良いときは気にも留めないが,
心が調子が悪いときに読むと内奥に沈む。
そんな本である。

「沖縄で考えたこと」の中で書かれていた、
・フリーランスでテクニカルライターの仕事をする。
・沖縄に引っ越す際に技術解説書等を書く約束を取り付ける。
・沖縄でインターネットについての講演や指導を頼まれて行う。
・大学でテクニカルライティングの講義を行う。
・いろいろな沖縄の文化人と懇意にしてもらう機会も得る。
という一連の流れを読んで
技術関連の文書を取り扱う仕事をやりながら
地方暮らしをしたいなあと何度か思ったものだ。

考える生き方

考える生き方

 

 
◼︎目次
1.社会に出て考えたこと
2.家族を持って考えたこと
3.沖縄で考えたこと
4.病気になって考えたこと
5.勉強して考えたこと
6.年を取って考えたこと

◼︎最初にこの本を読んだのはいつか?
2013年


◼︎なぜこの本を
読んだのか?
30を超えたこの時期。
仕事面で一つのピークを迎えたという実感があった。
大規模プロジェクトを回せるようになった。
50人以上のメンバーを統率できるようになった。

一方でその頃から仕事に虚しさを感じることが多くなった。
所詮は与えられた仕事。
何のために今の仕事をやっているのか?
いつまでこの働き方を続けるのか?
そんなことを考えることが多くなった。

本書の見出しに「自分の人生はからっぽだった」。
見出しに惹かれて本書を手に取った。

◼︎この本を
読んで何が変わったのか?
「病気になって考えたこと」の中で

・・・弱い心は嘘のない心でもある。 

とあった。私も心が弱ることが多々ある。
そんな時に決まって思うのが
「静かで独立した暮らしがしたい」
というものだ。本心が望むものは常にそこにあるのだろう。
実現するにはどうしたら良いものか。
そもそも独立するというのは
どういう状態になっていることなのだろうか。

1:収入源を生み出す普遍的な技芸を持っていること
2:収入源が多角化されていること
こんな所だろうか。

また「勉強して考えたこと」の中で
メカニカルアーツの対義語として
リベラルアーツという言葉が生まれた
という下りがあった。

メカニカル・アーツ
→奴隷の技芸。
人に雇われるための技能

リベラル・アーツ
→市民の技芸。
いわゆる科学。人間・宇宙が見せる壮大なドラマを
堪能することが可能になる。  

メカニカル・アーツで
物質的な豊かさを満たすために必要なもので
リベラル・アーツは
精神的な豊かさを満たすために必要なもの
といった所か。

・普遍的な技芸を身につけ,収入源を多角化させる。
・様々な分野の科学を学び,自然・人間・社会を洞察する。
→「静かで独立した暮らし」を実現する。
という考えを持つようになった。

 

技術リーダシップを発揮する〜スーパーエンジニアへの道〜

本書は副題に「技術リーダーシップの人間学」とあるように
技術リーダとなるために必要となるリーダーシップのガイドである。
いわゆる技術的な話ではないので
タイトルを見て買った人は求めていたものと
違う印象を受ける可能性大。

 本書ではリーダーシップを

リーダーシップとは人々が力を
付与されるような環境をつくりだす
プロセスである。

と定義し,その環境には
・M:動機付け(Motivation)
・O:組織化(Organization)
・I  :アイデア(Idea)ないし技術革新(Inovation)
の3つの成分が含まれていなければならないとしている。
技術リーダは以下のようにI(アイデア)の面で
特に強いリーダーシップを発揮するとされている。

技術リーダーたちが技術革新を強調するようすを
より詳しく見てみると彼らは次の三つの主要な分野に
特に力を注いでいることがわかる。
・問題の理解
・アイデアの流れを調整する
・品質を保持する

人をリードするのではなく、環境をリードする。
そんな真の技術リーダーを志す人は一度読んでみると良い。

スーパーエンジニアへの道―技術リーダーシップの人間学

スーパーエンジニアへの道―技術リーダーシップの人間学

 

目次
1.リーダーシップとは結局のところ何なのか
2.リーダーシップ様式に関するモデル
3.技術リーダーの問題解決様式
4.リーダーはどう育つか
5.でも私は・・・
6.技術革新への三大障害
7.自分自身への気づきを高める法
8.アイデアの力を育てる
9.ビジョン
10.人に動機づけを与えることについての、第一の大障害
11.人に動機づけを与えることについての、第二の大障害
12.人を助けることのむずかしさ
13.動機づけのできる人になるには
14.力はどこからくるか
15.力、不完全性、整合性
16.組織上の力を手に入れる
17.問題解決チームの効果的組織法
18.有効な組織作りへの障害は?
19.組織作りの学びかた
20.人はリーダーとして、どのように値踏みされるか
21.自分自身のリーダーシップ試験に通るには
22.変わるための計画を立てる
23.変化のための時間を見つける
24.変化のための支援


◼︎いつの本を
読んだのか?
2016年


◼︎なぜこの本を
読んだのか?
ワインバーグの「コンサルタントの秘密」
の姉妹編と紹介されていたのを見て。

◼︎この本を
読んで何が変わったのか?

本書では各章に設問が設けられている。
例えば

読者がその人のリーダーシップ様式をことのほか
高く買っている人物がいないか。
その人物の経歴をMOIの要素に整理して
掻き出そうと試みよ。

読者がリーダと思う人、思わない人を観察し
その行動うちいくつが
問題の理解・アイデアの流れの調整・品質の管理に
当たっている、機会を逃しているかを調べる。 

読者がこの前経歴上の大きな変化を経験したのはいつか。
その時の細かい事実と経験した感情をよく覚えているか。
自分のした経歴上の変化の上で
今も完全には納得していないものはあるか?

といったものだ。

その設問に対する自分の回答を考えてみると
・自分が評価するリーダー
高度な専門知識(I)に基づいた将来のビジョン(O)を
環境に与えることでリーダーシップを発揮する。  


・自分が評価しないリーダー

問題を理解せずにアイデアを人に出させる。
上から下りてきたアイデアを吟味せずに進める。
いづれも高度な専門知識(I)が欠如している状態で
人をリードしようとする。

であった。一方で

・自分が発揮するリーダーシップ様式

高度な専門知識(I)を持つ人から将来のビジョン(O)を聞き出し,
それを実現するための組織化を行う(O)。
というように組織化(O)中心のリーダーシップ
だった。

その形を取ったのは自分が置かれた状況の産物
だったのだが今でも納得していことに気づいた。
自分はI型のリーダーシップを発揮したいのだ。

はっきりとした目標がない場合、
または達成したいことを達成しつつある場合には
誰かがそうしてほしいといってきた、 
というだけの理由で自分のリーダーシップ様式を
変えようとしてはいけない。

とある。中途半端にI型のリーダーシップを出そうとして,
失敗していたのがここ数年の迷走している理由なのかもしれない。
という気づきを得た。
 

本文とは関係がないが推薦の辞に

ジェリー・ワインバーグは技術と管理の
ごちゃごちゃした絡み合いを解きほごす、
という仕事をライフワークとして選んだ。

自分もこうありたいと思った。 

革命家の視座を持て 〜外資系コンサルの知的生産術〜

どうすれば質の良い知的生産物を
生み出すことができるのか?

本書で述べられている技法は
知的生産の成功と失敗は顧客の期待値と
実際の成果物とのギャップによって決まる。
という前提に基いている。

故に戦略は
・顧客は誰か?を明確にする。 
・顧客は何を知りたがっているか?を
・具体的にいつまでに必要か?
・どの程度のお金を人を使えるか?
・納期、品質、コストが妥協できる要素が何かをはっきりさせる。
ということが基本となる。
そして戦略を立てた後に
インプット・プロセッシング・アウトプット
というプロセスを踏む形となる。

プロセスの中で特に重要だと感じたのは
以下の3つ。
1.常にポジションを明確に取ること。
2.用語を関係者間で厳密に定義すること。
3.ベクトルではなく、到達点を伝える。

1については

自分のポジションを明確にするということは
ある論点についての自分の意見を明確化する
ということです。したがって当然、
異なる見解を持つ他者とのあいだに摩擦を生む
可能性があり ます。これを恐れてポジションを
明確化しない、あるいは他人のポジションを聞く
まで待つという人がとても多いのですが、これは
絶対に止めてほしいのです。理由がわかりますか?
知的生産物のクオリティは、異なるポジションを
取る人と摩擦を起こすことで初めて高まるからです。
摩擦を避けているといつまで経ってもフニャフニャした
知的生産物しか生み出せません。 

とあるように
少なくとも知的生産の過程に関しては
ポジションを明確にしないことは
生産過程に参加していないのと同じということか。

2については

用語の定義が原因となってプロジェクトが迷走する
ときは、だいたいカタカナ言葉が元凶となっています。
例えば「プレイングマネージャー制度の導入」
「バリューチェーンの短縮化」「オープンプラットフォームの活用」
「フラットな組織の実現」・・・
こういった「よく聞くけど、誰も本当の定義を知らない」
用語の乱発が社内の議論を引っ掻き回す元凶になります。

とあるが肌感覚としてよくわかる。 
言葉は曖昧なものだから,
定義の認識はあわせないと混乱を招く。
何よりこれらの言葉が恐ろしいのは
それを発言するだけで
「新しい取り組みをしているんじゃね?」
という気になってしまうことだ。
そして言葉だけが独り歩きをすることになる。
故に曖昧な概念であればあるほどキチンとした定義が
必要になる。

3については
抽象行動用語(検討する/推進する/強化する/実践する/
注力する/連携する等々)の具体的行動を阻害するワードを
使ってしまうことを防止するために

A事業を積極的に推進するに当たって、
販売員採用をさらに加速し、販売力の強化を図るとともに
製品開発力の向上に注力します。 

・・・で何やるの?ではなく、

A事業については売上高前年比120%を目指す。
この目標を達成するに当たって、現在月間3〜5名と
なっている販売員採用を一気に10名まで増やすとともに
販売トレーニングの時間を現在の年間8時間から32時間に増やす。
また製品開発については、現在平均で14ヶ月かかっている
開発プロセスを6ヶ月まで短縮し、市場への対応力を高める。

というようにアウトプットを
「ベクトル」から「到達点」に変えることで
関係者が具体的にやることを明確にするというものだ。
ふと思ったが組織のネーミングについても
同じことが言えるな。
「ホゲホゲ事業推進室」より
「ホゲホゲ事業の売上を前年比120%にする室」の方が
関係者にとってわかりやすい。 名は体を現すということで
長〜いミッションステートメントもいらなくなるし。

外資系コンサルの知的生産術?プロだけが知る「99の心得」? (光文社新書)

外資系コンサルの知的生産術?プロだけが知る「99の心得」? (光文社新書)

 

■目次
1.知的生産の「戦略」
2.インプット
3.プロセッシング
4.アウトプット
5.知的ストックを厚くする
 

■いつこの本を読んだのか
2016年
 

■なぜこの本を読んだのか
自分が生みだす主なアウトプットは
Webサービス、プログラム、文章。
いづれも知的生産物となる。
故にその質を高める手法を知りたいと
考えたため。
 

■この本を読んで何が変わったか
知的生産はインプットとアウトプットの
量・量・量とにかく量。量をこなせば
質もそのうち上がってくる。
と考えていたが,その前に戦略立てることから
始めないとだめだなと今更ながら気づいた。

そして何よりも一番琴線に触れたのが,
・社長の視座さえ突き抜けた「 革命家の視座」を持つ。
というフレーズ。

この世界をいまある世界からどのようにしていくか?
その計画を実現するために自分の会社をどう活用できるか

この文面。論理的には馬鹿らしい。直観的には感応。
そんな感じだった。

なぜシステムを構築するのかを考える 〜成功企業のIT戦略〜

本書に対して2つの問いを立てて読み返した。
1.成功企業は経営戦略の中にIT戦略をどのように組み込んでいるか。
2.成功企業におけるシステムアーキテクチャはどのようなものとなっているか。
メーカー・流通・金融のケーススタディを中心に見たが.
1に対しては
「需要予測・生産・販売・アフターサービス」の
一連のプロセスに統合された情報システムを
意識的に組み込んでいる。

2に対しては
サプライヤー・海外現地法人等の
外部システムと自社システムとの
接続をシームレスに行える形にしている。

1と2を総括して
「完全統合経営(total integrated management)」
を実現しているというものだった。

発刊から15年近く経過し,
テクノロジーは大幅に進化し,部分的に
最新のテクノロジーを導入したという事例は多いが,
経営戦略とIT戦略が完全に統合されている企業は
果たしてどのくらいあるのだろうか。

成功企業のIT戦略

成功企業のIT戦略

 

◼︎目次 
1.基本的な戦略フレームワーク
2.情報技術経営
3.競争優位の戦略
4.収斂、競争、累積的進化
5.ケーススタディ:医薬品
6.ケーススタディ:鉄鋼
7.ケーススタディ:自動車
8.ケーススタディ:小売業
9.ケーススタディ:生命保険
10.ケーススタディ:銀行
11.競争優位企業として生き残るのか、それとも脱落企業となるか。

◼︎いつの本を
読んだのか?

2005年 


◼︎なぜこの本を
読んだのか?
新人の時に「システムはビジネスに利用されて
初めて価値を持つ」という価値観を
教え込まれた。そこでなぜシステムを構築するのか?
ということを考えるために企業がどのような
IT戦略を取っているか知りたくなったため。


◼︎この本を
読んで何が変わったのか?
「IT戦略は経営戦略に基づいて立案・遂行するもの」
という原理・原則を意識するようになった。
最近はIT企業の躍進でテクノロジーに目を奪われがちで
あったが初心に帰ることにしよう。

Googleなどの純粋なテクノロジー企業は別として,
多くのIT企業は既存の業態をネットに
置き換えたものが多いと考えている。
故に完全統合経営の考え方はIT企業自身にも
適用できるのではないか?と考えた。

知の土壌を豊かにする〜学問のしくみ辞典〜

学ぶということは脳にとって最も嬉しいことなんです。
本を読んで感動したり、何かに興味を持ったりして
知識を積み上げていくと、それらは腐葉土のように
発酵して、脳の中にいい土壌をつくります。

冒頭の「現代における教養とは」という解説の一文。
知の土壌を豊かにすると世の中を動かしている仕組みの
背景を読み取ることができるのではないか?
それによって世の中の見方が変わるのではないか?

そんな期待を持って,「教養」を磨きたいと思う今日この頃。 

学問のしくみ事典

学問のしくみ事典

 

◼︎目次
1.人文科学
  哲学
  歴史学
  宗教学
  言語学
  心理学
  情報分析学
  文化人類学
  神話学
  民俗学
  考古学
2.社会科学
  政治学
  経済学
  社会学
  法学
  教育学
  統計学
  経営学
3.自然科学
  物理学
     生物学
  化学
  数学
  医学
     工学
     情報工学
     航空宇宙工学
     地理学  
4.文化芸術
  文学
  近代日本文学
     建築
  近代日本建築
  音楽
  美術
  映画
    日本映画
  写真
  日本写真

◼︎いつこの本を読んだのか
2016年


◼︎なぜこの本を読んだのか
教養という知の土壌を豊かにしたい。
その際に知の世界を体系的に把握したいと
考えたため。

◼︎この本を読んで変わったこと
本書はそれぞれの学問に関して
・起源と歴史的経緯
・主要理論とキーワードの簡単な解説
・学びを深めるための書籍リスト
という構成になっている。
全くの専門外の分野だと少し腰が引けてしまうが
学問の歴史的経緯を紐解いていくと
なんとなく理解できそうな気がするから不思議だ。
自分の専門分野意外の学問にも
手を広げていきたいと思う動機付けにはなった。

 

まずはスタンダード227曲を身につけよう〜ジャズスタンダードバイブル〜

副題はセッションに役立つ珠玉の名曲集。

映画セッションのようなバンドは

絶対に嫌だがジャズバンドは基本的に

楽しそうだ。基礎を身につけるために

まずスタンダードを身体に覚えさせよう

ジャズ・スタンダード・バイブル ~セッションに役立つ不朽の227曲 (CD付き)

ジャズ・スタンダード・バイブル ~セッションに役立つ不朽の227曲 (CD付き)

 

■収録曲
afternoon in paris
airegin
alice in wonderland
all blues
all of me
all for you
all the things you are
alone together
anthropology
april in paris
au privave
autumn in new york
autumn leaves
bag's groove
beatrice and benedict overture
beautiful love
bessie's blues
bille's bounce
brack nile
brack orpheus
blue bossa
blue in green
blue monk
bluesette
body and soul
bolivia
but not for me
bye bye brackbird
c jam blues
candy
cantaloupe island
caravan
cherokee
cheryl
chicken,the
child is born,a
christmas song,the
cleopatra's dream
come rain or come shine
con alma
confirmation
corcovado
cute
daahoud
day by day
days of wine and roses,the
dear old stockholm
dolphin dance
donna lee
doxy
easy living
emily
everything happens to me
evidence
falling in love with love
feel like makin' love
fly me to the moon
foggy day,a
footprints
forest flower
four
four on six
freddie the freeloader
georgia on my mind
giant steps
girl from ipanema
good bait
groovin' high
have you met miss jones
here's that rainy day
hot house
how deep is the ocean
how high the moon
 how insensitive
i can't get started
i can't give you anything but love
i concentrate on you
i could write a book
i didn't know what time is was
i fall in love too easily
i hear a rhapsody
i love you
i mean you
i remember crifford
i remember you
i should care
i thought about you
i'll close my eyes
i'll remember april
i'm old fashioned
if i should lose you
if i were a bell
if you could see me now
impressions
in a mellow tone
in a shentimental mood
in your own sweet way
inner urge
interplay
invitation
israel
it could happen to you
it don't mean a thing
it might as well be spring
it's all right with me
it's only a paper moon
it's you or no one
jor ou
joy spring
just friends
just one of those things
killer joe
lady bird
lament
lazy bird
left alone
like someone in love
little b's poem
l-o-v-e
love for sale
love is here to stay
love letters
lover come back to me
lover man
lullaby of birdland
mack the knife/moritan
maiden voyage
milestones
moanin'
moment's notice
mr p.c.
my favorite things
my foolish heart
my funny valentine
my litttle suede shoes
my one and only love
my romance
naima
nardis
nica's dream
night and day
night has a thousand eyes,the
night in tunisia,a
now's the time
old devil moon
old forks
oleo
on a clear day
on green dolphin street
once i loved
one note samba
ornithology
out of nowhere
over the rainbow
peace
pent-up house
perdido
polka dots and moonbeams
prelude to a kiss
recado
recorda me
rhythm-a-ning
round midnight
samba a de orfeu
satin doll
scrapple from the apple
secret love
seven steps to heaven
shadow of your smile,the
shiny stockings
smoke gets in your eyes
so what
softly,as in a morning sunrise
solar
some other blues
someday my prince will come
someone to watch over me
song for my father
song is you
sonnymoon for two
sophisticated lady
spain
spring can really hang you up the most
speak low
st.thomas
stable mates
star eyes
stardust
stella by starlight
stolen moments
stompin's at the savoy
straight,no chaser
strollin'
summertime
take five
take the "a" train
tell me a bedtime story
tenor madness
there is no greater love
there will never be another you
up jumped spring
very early
walkin'
waltz for debby
watermelon man
wave
well you needn't
what a difference a day made
what are you doing the rest of your life?
what is this thing called love?
what's new
when i fall in love
when sunny gets blue
when you wish upon a star
whisper not
white christmas
woody'n you
work song
yardbird suite
yes or no
yesterdays
you and the night and the music
you don't know what love is
you must believe in spring
you stepped out of a dream
you'd be so nice to come home to

◼︎YoutubePlaylist