横浜ハッカー

港町横浜でシステム屋のライフスタイルを探求する

MENU

技術

技術リーダシップを発揮する〜スーパーエンジニアへの道〜

本書は副題に「技術リーダーシップの人間学 とあるように技術リーダとなるために必要な リーダーシップのガイドである。いわゆる技術的な話ではないのでタイトルを見て買った人は求めていたものと違う印象を受ける可能性大。 本書ではリーダーシップを リー…

革命家の視座を持て 〜外資系コンサルの知的生産術〜

どうすれば質の良い知的生産物を生み出すことができるのか?本書で述べられている技法は知的生産の成功と失敗は顧客の期待値と実際の成果物とのギャップによって決まる。という前提に基いている。故に戦略は・顧客は誰か?を明確にする。 ・顧客は何を知りた…

なぜシステムを構築するのかを考える 〜成功企業のIT戦略〜

本書に対して2つの問いを立てて読み返した。1.成功企業は経営戦略の中にIT戦略をどのように組み込んでいるか。2.成功企業におけるシステムアーキテクチャはどのようなものとなっているか。メーカー・流通・金融のケーススタディを中心に見たが.1に対して…

情報洪水に溺れないために 〜仕事に活かす! フォトリーディング〜

本に限らずニュース・資料・会話などあらゆる所に情報が溢れている現在。情報洪水に溺れずに効果的に情報を処理するためには強く目的意識を持って情報に接することが必要不可欠。なんとなく情報に接するのは止めにしよう。 フォトリーディングの手順は要約す…

アーキテクトって何よ?〜ソフトウェアアーキテクトが知るべき97のこと〜

①アーキテクチャとビジネス②アーキテクトとデベロッパー③アーキテクチャ選定にまつわる話④アーキテクトのスキル 等々が縦横無人に語られている本。 軽く読み流そうと思うと意外と咀嚼するのに時間がかかるので注意。 ソフトウェアアーキテクトが知るべき97の…

プロのソフトウェアエンジニアとは?〜SEの仕事を楽しくしよう〜

プログラマーの仕事にも慣れてきて,この先どのようなスキルを身につけキャリアを積んでいこうか考えていた時に読んだ本。 エンジニアの仕事に楽しみと誇りを見出す一方で管理職志向ではないなと考えるようになった。 ソフトウェアエンジニアの仕事をもっと楽…

アジャイル開発を始めよう 〜アートオブアジャイルデベロップメント〜

最近スクラム開発が流行っている。なので昔読んだアジャイル開発の本を改めて読みなおしてみた。 監訳者まえがき・あなたは生き生きとした現場で ソフトウェアの開発をしたいですか?・現在のやり方を変え,顧客の組織を成功に導くとともに, 自分たちも成功し…

その道のプロになる 〜プロ論〜

最近仕事に対して保守的になっている自分を感じたため,初心を思い返すために約10年ぶりに読み返した。 プロ論。 作者: B-ing編集部 出版社/メーカー: 徳間書店 発売日: 2004/12/19 メディア: 単行本 購入: 8人 クリック: 151回 この商品を含むブログ (160件)…

失った仕事への情熱を取り戻す 〜情熱プログラマー〜

プログラマからプロダクトマネージャまで一通り経験した後にこれから先何をやれば良いのかと自問自答している時に読んだ本。 自分の使命を改めて考えることで情熱を取り戻すきっかけになった。 キャリアの方向性が定まらず 閉塞感を感じている・・・。 そん…

プロダクトマネージャーって何するの?〜世界で闘うプロダクトマネージャーになるための本〜

プロジェクトマネジメントに関しては PMBOKや関連書籍でまとまったものが多い。 一方でプロダクトマネジメントに関しては 体系的にまとまった資料が少ないので Amazonで高評価だったこの本を読んでみた。 世界で闘うプロダクトマネジャーになるための本 ~ト…

iOS11へのアップデート 〜何が変わったのか〜

先週末に1ヶ月前にリリースされたiOS11へアップデートを行った。何が変わったのかよくわからなかったので変更点を調べた。 www.imobie.jp 多岐に渡るが実際使ってみて思ったこと。・新Filesアプリクラウド上のファイルもまとめて管理できるので便利・AR Kit…

副業のススメ〜明日クビになっても大丈夫!〜

銭湯神ヨッピーによる副業のススメ。結論は「好きなことを仕事にするのが最強」と言う巷でよく言われていることと全く同じで新鮮味はない。しかし,新たな発見が2つあった。①結論に至る過程まとめると以下の展開になる。 組織の論理・個人のやりがいは本質的…

これがフリーランスの実態? ~IT企業という怪物組織が人を食い潰すとき~

IT業界にいると正社員 or フリーランスどっちがいいか? という話はよく話題になる話だ。 IT企業という怪物 組織が人を食い潰すとき (双葉新書) 作者: 今野晴貴,常見陽平 出版社/メーカー: 双葉社 発売日: 2014/03/17 メディア: Kindle版 この商品を含むブ…

職業人の矜持 〜プライド〜

「 ハゲタカ」以来,真山仁の作品はほぼ読んだが これは著者には珍しい短編集。 プライド (新潮文庫) 作者: 真山仁 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2012/08/27 メディア: 文庫 クリック: 1回 この商品を含むブログ (5件) を見る <目次> 一俵の重み 医は …

デジタルデトックスについて考えてみる。

ポケットに収まるコンピュータであるスマートフォン。 そしてセンサーの発達により加速度的に広がりつつある組み込みシステム。 デジタル情報との接点が爆発的に増えた現代の生活。 つい目的もなくスマホを眺めてしまい気づいたら 一日が終わっていたという…

農業データ基盤の構築なるか?

「農業とIT」。センサーの発達等を背景にして 最近ホットなテーマの一つである。 2017年中に農業データ連携基盤が構築される予定とか。 気象・農地・地図のAPIは既にある程度整備されていそうな 気がするが生育予測や土壌のAPIはどんなものになるのだろうか…

GitとGitHubを覚えるぞう

この物語は 意識の低い素人プログラマー もさおが 意識の高い熟練プログラマー SAK2の助けを 意識高い系プログラマになってゆく 軌跡を記録したものである。 もさお: gitを使えるようになりたいです。 SAK2 :ほう。どうしてかね。 もさお:プロジェクトで…

WEB+DB PRESS総集編(Vol.1〜72)

今までのソフトウェア開発を振り返るために購入。 2000年〜2012年までのWeb開発に関する特集が凝縮されている。 WEB+DBのVRアプリ版が出版されると嬉しいな。 10年間で実装コストが随分下がってきていると実感。 企画をカタチにするスピードがより重視されて…

さくらVPSにDB構築してUnityClinetにデータをJsonで返す

VRアプリのサーバサイド開発をするため,さくらVPSにDB構築して,UnityClientにサーバからJsonでデータを返せるようにした。 1.さくらVPSにデータベース構築http://centossrv.com/mysql.shtmlを参考にデータベース構築 2.PHPからMySQL接続http://www.phpbook…

さくらのVPSにLAMP環境を構築してみた

開発中のVRアプリをUnityで開発してるだが, サーバサイドが必要になってきたので, さくらのVPSにLAMP環境を構築してみた。 ■参考サイト http://qiita.com/ryutaro/items/b920b219ebdef53a2210 ■構築した環境 CentOS 6.5 MySQL 5.6.20 Apache 2.4.10 PHP 5.6.…

【書籍】VRFREEK 2016年03月号

特集「VR元年の正しい過ごし方」に惹かれて読了。 HMDのハードベンダーとVRのコンテンツメーカの インタビューが主なコンテンツ。 VR業界はここ1〜2年で急速にプレイヤーが増えてきたが まだ特定のプレイヤーが覇権を握るという所までは来ていない。 これか…

VRで旅行体験

サムスンのHMD「Gear VR」を利用して, クルーズ旅行を仮想体験できるシステムを MSCクルーズ(※)とサムスン電子が開発した。 クルーズ旅行を仮想体験できるバーチャルシステム登場、ミラノ万博で公開 ーMSCクルーズtravelvoice.jp (※)MSCクルーズ(MSC Crocier…

Microsoft Hololensまとめ

Microsoftは今年の1月にWindows10ベースの ホログラム技術「Microsoft Holographic」と それを搭載するHMD「Hololens」を発表した。 Microsoft、ホログラムを操作できるHMD「HoloLens」発表www.itmedia.co.jp 発売日は未定だがWindows10の発売にあわせること…

米IoT標準化団体、日本に新組織を5月設立

米GEがIoTの標準化団体をつくったらしい。 米国では既に160団体ほどが参加しているとか。 その日本組織が今度できる。 米IoT標準化団体、日本に新組織を5月設立 トヨタ、日立など参加www.sankei.com IICの組織について見てみた。 Industrial Internet Co…

仮想物体に触れるグローブとGear VR

仮想空間上にある物体に触れると 触れた感覚が得られる手袋が開発された。 VR空間を自分の脚で歩けるOmniを開発したVirtuixが資金提供をしたとのこと。 ゲームの仮想物体に触れるグローブ、米大学が開発。空気圧で指先に触感 - Engadget Japanesejapanese.en…

IoTの制度的取組み

クラウドの次の流行語として,IoTという言葉が巷で盛んになってきている。 それを受けてか,制度的な取組みが行われていきそうな気配がある。 <a href="http://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPKBN0N609T20150415" data-mce-href="http://jp…

ロボット開発

自動調理キッチンを開発した紹介記事。 ロボットアームが調理器具を使って,実際に料理をつくるというもの。 モーションキャプチャでシェフの動作を撮影したデータを元にしたとのこと。 世界初の自動で一流シェフ並の料理を作ってくれる「ロボットキッチン」…

次世代の人材育成にVR技術を使う

2020年の日本 革新者の時代という本の 「農業技術のパッケージ化を目指す」の中で 農作業を見える化し,次世代に継承する「農匠ナビ」の紹介があった。 簡単にまとめると, ・農作業情報,環境情報,生体情報の計測とデータベース化を行い ・熟練農業従事者がも…