気楽に生きる

〜のんびり気楽に生きるためのコツを伝えていきたい〜

MENU

思考を整理する 〜思考の整理学〜

情報過多の現代。
思考の対象があちこちに飛び、
考えがまとまらないことが増えてきている。
今何を考えているのかすら忘れることもある。
これでは豊富にある情報を活かすことができない。

思考の整理法を身につけることで、
思考を深め情報を活かすことが、
できるようになるのではないか?
そのような期待を持って本書を読んだ。

思考の整理学 (ちくま文庫)

思考の整理学 (ちくま文庫)

 

-------------------------------------------------------
■目次

グライダー
不幸な逆説
朝飯前


発酵
寝させる
カクテル
エディターシップ
触媒
アナロジー
セレディビティ


情報のメタ化
スクラップ
カード・ノート
つんどく法
手帖とノート
メタ・ノート


整理
忘却の様々
時の試練
捨てる
とにかく書いてみる
テーマと題名
ホメテヤラネバ


しゃべる
談笑の間
垣根を超えて
三上・三中
知恵
ことわざの世界


第一次的現実
既知・未知
拡散と収斂
コンピューター
-------------------------------------------------------

思考のプロセスを
1.情報を集める。
2.集めた情報を元に思考する。
3.思考した結果を考察として書く。
という3段階に分けるとする。

1.情報を集める
この段階でのポイントは,
・情報収集の目的,対象,範囲を明確にしてから情報を集める。
・手帖に記録して忘れる。
この2点。
前者は当たり前だが忘れがちなこと。
後者は情報を頭に残さず忘れるようにするという所が肝。
手帖に記録してある程度寝かして置くことで,
重要か否かの判定も行うことができる。


2.集めた情報を元に思考する
この段階では,
・素材+酵素+寝かせる        →優れた考察が生まれる。
・A説+B説+C説+独自のX説→新しい考察が生まれる。
この2点が主なポイント。
両者に共通しているのは「組み合わせ」が
重要であるという点。
純粋に新しい独創性を求めるよりも,
組み合わせによって,新しくかつ優れた考察を生む方が
思考的にも楽しいらしい。
そして「寝かせる」。これは1の情報を集める時とも
関連しているが情報・アイデアは思いついてから,
ある程度寝かせることが重要。
時のふるいにより,重要でない物が落とされていき,
より思考の純度が濃くなっていく。

3.思考した結果を考察として書く
ここでは
・思考→書く→人に話す→声に出す→整理された思考となる。
ここに尽きる。要するに
「とにかくアウトプットして,整理してくべし」
ということだ。
思考の整理の究極は表題に現れる。
表題がイマイチな時はまだ思考が整理しきれていない
ということになるとのことだ。

最後に
思考整理のプロセスは記録の仕方が重要。
アイデア→手帖→寝かす→ノートA→思考
           →捨てる  ↓   
                 メタノート
                    ↑
アイデア→手帖→寝かす→ノートB→思考
           →捨てる   
まとめるとこのようなプロセスになる。
そして情報・記憶・知識という固定的な物は,
コンピュータという倉庫にどんどん置いていき,
人間の頭は知的工場に重点を置くこと。

人間とコンピュータの関係についても,
改めて考えされられた。

逗子・葉山で神奈川の美ら海を堪能する

7月になり各地で海開きが始まってきた。
鎌倉・江ノ島も7/1から海開きだが、
今回は趣向を変えて、横浜から
若干アクセスしづらい逗子・葉山へ行くことにした。

f:id:fieldstone:20180708220911p:plain京急新逗子駅到着。

f:id:fieldstone:20180708221221j:plain

ここから路線バスで一色海岸へ。
一色海岸はCNNが選ぶ世界100の海岸の一つ。
美ら海と呼ばれているらしいが,
果たして本当に美ら海なのか?
楽しみである。

www.tripadvisor.jp

路線バスの中から途中にあるバス停を臨む。
松山の下灘駅(海の見える駅)を
連想させる光景だ。

f:id:fieldstone:20180708221548j:plain

seaside-station.com

 一色海岸のバス停に到着。
ここから一色海岸へ向かう。
f:id:fieldstone:20180708222041j:plain
一色海岸へ向かう途中の道。
道の先に海の広がりを予想させる光景だ。
f:id:fieldstone:20180708222102j:plain
一色海岸へ到着。
この海岸は周りに商業施設が
あまりないためか空いている。
のんびり過ごすには最適の場所だ。
そして何より砂浜が白いため,
海がエメラルド色となってる所がGood。
f:id:fieldstone:20180708222124j:plain
一色海岸から鎌倉方面を臨む。
それにしてもこの辺りは山というか
丘が多いな。
f:id:fieldstone:20180708223846j:plain
この地域ならではの特色を発見。
海の向こうにひょっこりと富士山が
顔を出している。雄大な気持ちになれる。
f:id:fieldstone:20180708222400j:plain
富士山を拡大して見る。
海の上から飛行機で一直線に
あの山目掛けて飛んで行きたい。
そんな気持ちにさせる情景。

f:id:fieldstone:20180708222412j:plain一色海岸周辺には商業施設は
ほとんどない。お腹が空い他ので
森戸海岸へ向かうことにする。
森戸海岸にトゥモローランドが展開している
カフェがあるらしいので行ってみる。

retty.me

カフェの様子。絶景だ。
f:id:fieldstone:20180708222722j:plain
海を眺めながら昼からビールを飲む。
至福の瞬間。カレープレートの味は普通だが,
何よりロケーションが最高。

f:id:fieldstone:20180708222733j:plain帰りは来た時の路線バスで
JR逗子駅から帰ることにした。
駅前は割と栄えている様子で
住みやすそうである。
f:id:fieldstone:20180708222747j:plain

今回趣向を変えて
逗子・ 葉山へ来てみたが,
海の色が普段とは違ったことが
何よりよかった。

夏はエメラルドの海を堪能するに限る。

海の見える寺と紫陽花

6月。梅雨で天気が悪く,蒸し暑い時期。
なにより祝日がない憂鬱な月。
そんな憂鬱な月の一つの楽しみが紫陽花。
鎌倉の長谷寺は名所で有名らしい。
思い立ったが吉日。
長谷寺まで紫陽花を見に行こう。

f:id:fieldstone:20180624173637p:plain

  • 鎌倉駅から江ノ電で長谷駅へ
  • 長谷駅から長谷寺へ
  • 長谷寺から由比ガ浜を散策
  • 由比ガ浜から鎌倉駅へ

今回のコース。
帰りは海辺を歩いて帰ることにしよう。
長谷駅の様子。到着したのは朝8:00。
既に混雑状態おそるべし。

f:id:fieldstone:20180624175104j:plain

長谷駅から長谷寺へ。
そこまで混雑していないが,
いかんせん道が狭い。
次来る時は裏道からいったほうがいいな。
f:id:fieldstone:20180624175118j:plain

長谷寺にとうちゃーく。
境内に入りあじさい路へ向かう。

f:id:fieldstone:20180624175132j:plain

あじさい路の入り口前の展望台にて
30分ほど待つ。風が抜け景色も絶景。
待ち時間もさほど苦にはならなかった。

f:id:fieldstone:20180624175706j:plainあじさい路入り口の様子。
f:id:fieldstone:20180624180148j:plain
ここからが紫陽花の見所。
色彩豊かな様々な紫陽花が一本の道上に
咲き乱れている。見ごたえ満点。

f:id:fieldstone:20180624180402j:plain

f:id:fieldstone:20180624180426j:plain

f:id:fieldstone:20180624180517j:plain
f:id:fieldstone:20180624180549j:plain

あじさい路からも海を望むことができる。
海を背景にした一面の紫陽花。
構造的な美しさを感じた。

f:id:fieldstone:20180624180659j:plain

紫陽花を見終わった後は, 
寺の入り口にあるカフェで一服。
紫陽花をイメージしたフィズだとか。
また長谷寺の入り口で紫陽花の種類を
乗せたうちわを無料で配っていた。
気配りとセンスがいいな。

f:id:fieldstone:20180624175529j:plain

由比ガ浜を散策しながら,鎌倉駅方面へ。
晴れの日に浜辺を散策するのは
開放感があって気持ちいい。 

f:id:fieldstone:20180624175543j:plain
暑さでバテ気味だったので,
昼食はカレー食べて帰路へ。
https://tabelog.com/kanagawa/A1404/A140402/14014612/ 

オクシモロン コマチの
エスニックそぼろカレー(大盛り)。 

f:id:fieldstone:20180624175558j:plain

海の見える寺と紫陽花の
コントラストがすばらしかった。
ちなみに紫陽花の花言葉は
色によって変わるらしい。
・紫 :謙虚
・ピンク:元気
・白:寛容
・青:冷淡

鎌倉原種となる紫陽花の色は紫。
なんだか妙に納得してしまった。

芸術とマイナスイオン〜DIC川村美術館〜

ふと唐突に芸術に触れたくなる時がある。
横浜美術館も良いがたまには遠出してみよう。
国立歴史民俗博物館がある千葉県佐倉市に
DICが運営している美術館があると
聞いたことがあるので行って見ることにしよう。
(時間があれば歴博にも寄って行こう)
f:id:fieldstone:20180515221233p:plain

佐倉市の端っこの方にある模様。
DICの研究所が併設している。
入り口に到着。ザ・研究所といった感じの景観。
うーむ。良いところだ。

f:id:fieldstone:20180515222339j:plain
早速入り口から入る。
広っ・・・。

f:id:fieldstone:20180515223316j:plain
敷地マップ。
四季の花が満載である。
美術館には行かずに敷地を散策するだけでも
楽しいかも。
f:id:fieldstone:20180515223527j:plain
美術館入り口まで,やってきた。
f:id:fieldstone:20180515223357j:plain
隣にある謎のオブジェ。何だこれは?

f:id:fieldstone:20180515223339j:plain

美術館内は写真NGだが,
有名な画家の作品も多く,充実していた。
また何より建物の構造自体がアートだと感じた。
企画展のテーマは「ゆらぎ」。
2次元の絵画を見ていると実際波に乗っているような
ゆらぎを感じることもあって新鮮。

f:id:fieldstone:20180515223541j:plain

美術館を後にして,敷地内を散策。
やはり広っ・・・。
研究者はこういう場所の方が,
研究に没頭できて良いのだろうか。

f:id:fieldstone:20180515223815j:plain
テラストイレ。
そうこれはあくまでトイレ。
軽井沢のハルニレテラスを思わせる景観だがトイレ。
f:id:fieldstone:20180515223834j:plain

出口付近まで充実した散策。
本当に緑が多い。
f:id:fieldstone:20180515223900j:plain

芸術に触れるだけでなく,
敷地内から溢れ出るマイナスイオンに
だいぶ癒された。

今回歴博は残念ながら行けなかったので,
今度歴博に来た時にまた寄ってみよう。

横浜トライアスロンの日にCafe Blue Terminalにて

GW翌週の週末。
カフェでのんびり過ごすとしよう。 

OZmagazine Petit 2018年 4月号 No.37 春は横浜から (オズマガジンプチ)

OZmagazine Petit 2018年 4月号 No.37 春は横浜から (オズマガジンプチ)

 

OZの雑誌に乗っていた横浜さんぽコースで
気になったカフェへGO。

www.ozmall.co.jp

いつも通り日本大通り駅から
大さん橋方面へ向かったところ
交通規制と人だかりを発見。

f:id:fieldstone:20180514222238j:plainそういえば今日はトライアスロン大会を
やっていたな。

世界トライアスロンシリーズ横浜大会情報サイト|YOKOHAMA TRIATHLON Website


山下公園〜みなとみらいの道は
ランニング・サイクリングをするには
気持ちいいコースだ。
しかし水泳はどこでやるのかと思いきや,
氷川丸の横とは。衝撃だ。
f:id:fieldstone:20180514222703p:plain

野次馬根性を出して,サイクリングの様子を拝見しよう。
自転車が疾走する様はまさに風のようだった。
f:id:fieldstone:20180514223456j:plain
シャッターチャンスも一瞬だった。
その様をみて弱虫ペダルが読みたくなった。
交通規制があったためか,歩いていても
いつもより若干空いてた気がする。

さて大さん橋のカフェは到着。
OZの写真そのままのシートへ。

f:id:fieldstone:20180514224846j:plain

トライアスロンの水泳をやっていた
氷川丸の方を臨む。
f:id:fieldstone:20180514225530j:plain

カレーを食す。
f:id:fieldstone:20180514225738j:plain
カレーの味もなかなか。
窓から見える景観を楽しんでいたところ
海上保安庁の船が水飛沫を出していた。
トライアスロン関連だろうか。
雲に水が流れ込むような不思議な光景であった。

f:id:fieldstone:20180514230027j:plain

横浜のカフェは海や山を眺めながら
のんびりできるところが多くてよい。
別のところも発掘しよう。

ブロックチェーンのプロトタイプ開発をする・・・その前に

シンプルなブロックチェーンの実装例を
前回理解することができた。
www.field-stone.com

さてこれをもとにプロトタイプ開発をしよう。
・・・その前にそもそも何をつくるのか。 
巷ではどのようなものが開発されているか見てみよう。

【事例を紹介!】ブロックチェーン技術を使用したアプリ10選 | TechAcademyマガジン

 ブロックチェーンを応用した革新的サービス13選 | Tech2GO

この辺りから汎用的な機能を探してみよう。

(1)履歴管理

生産・流通・販売の過程をブロックチェーンに記録。
過程の改ざんを不可とすることにより,
商品が販売されるまでの過程を透明化。
ネットでの参照も可能とすることができる。
主に農産物や食品などの分野で利用されることを想定。

・疑問
ブロックチェーンである必要があるか?
一般的なワークフローでも実現することは可能そうだ。
ただし,その場合改ざんのリスクがある(かもしれない)ので,
それを防止するオプション機能としてあると
良いかもしれない。

・方向性
ブロックチェーンを用いた
履歴データ改ざんの防止機能


(2)著作権保護

画像データをブロックチェーンに記録。
この絵が本物・オリジナルだということを証明する。 

Verisart
〜CERTIFY, VERIFY AND SECURE ARTWORK INSTANTL〜
Verisart

APIドキュメントを眺めて見たところ,
1:oauth2で認証
2:画像データ登録APIで画像パスを渡す
3:画像に対するハッシュ値が返却される。
基本的な流れはこんな感じ。

おそらく2のところでブロックチェーン上に
画像データが登録され,そこで登録されたハッシュ値が
返却されていると推測。

・疑問
画像データをブロックチェーン上に
登録するのは良いとして,
同じ画像が再度登録される場合は
どのようなロジックで登録を拒否しているのか?
バイナリデータの比較だろうか。
2次利用の画像の場合はどうするか?
2次利用のものをオリジナルと結合させることができれば
オリジナル→2次利用→3次利用の証跡が取れるようになる。

・方向
ブロックチェーンを用いた
オリジナル画像→2次利用→3次利用の
証跡取得機能

(3)電子ファイルの信憑性を証明 
著作権保護と似たような考え方だが
電子ファイルの改ざんを防止するための仕組み。
bitcoinのブロックチェーンと、Ethereum Classicの
ブロックチェーンの2種類を利用しているとのことだが,
基本的な仕組みは(2)と同じようなものだろう。

stampery.com

 
・疑問
何ができるのかまだ未知数。
もう少し読み込みが必要である。

・方向
電子ファイル改ざんの防止機能

まずこの3つの方向から
プロトタイプ開発を始めることにしよう。
1:履歴データ改ざんの防止機能
2:電子ファイル改ざんの防止機能
3:オリジナル画像→2次利用→3次利用の証跡取得機能

これからの働き方について考える 〜プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神〜

働き方改革が議論されている昨今。
今までの働き方とこれからの働き方を
省みることが多くなった。

その際,自分を中心に置いて考え,
社会のコンテキストは無視することが多い。
しかしたまには
社会のコンテキストを踏まえた上で
働き方を考えてみることにしよう。

そこでマックス・ウェーバーの
プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神を
参考にしてみた。

プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神 (岩波文庫)

プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神 (岩波文庫)

 

なぜこの本を参考にしたか。
日本は資本主義社会である。
その資本主義に組みまれる人々が持つ
精神はどこから来ているのか?
それを知ることは働き方を考える上で
必要なことではないのかと感じたためだ。

本書では
伝統主義と近代資本主義の精神を
以下のように対比している。

・伝統主義
必要主義。習慣として来た生活を続け,
それに必要なものを手に入れることだけを願う。

・近代資本主義
営利主義。消費を欲せずに営利を欲する。
労働を自己目的な「天職」と考える。
労働の結果として富を獲得することは神の恩恵となる。

この対比は興味深い。
「最近の世間に流れている空気的なもの」は
伝統主義のそれに近い気がする。
近代資本主義からの揺り戻しなのだろうか。

しかし資本主義社会で伝統主義の精神が
主流になった場合の帰結。

資本家は賃金率を引き下げて,
労働者が以前と同額の報酬を得るためには
前よりも余計な労働をすることを余儀なくさせる。
この場合資本主義の量的な拡大は促進されるが,
質的な発達への移行は阻害される。

示唆に飛んでいる話だ。
近代資本主義の精神の形成は
カルヴァンの予定説から始まる。

・・・
われわれが知りうるのは人間の一部が救われ,
残余のものは永遠に滅亡の状態に
止まるということだけだ。
人間の功績あるいは罪過が
この運命の決定にあずかると考えるのは,
永遠の昔から定まっている神の絶対に自由な
決意を人間の干渉によって動かしうると見なすことで,
あり得べからざる思想なのだ。

この予定説故に人は絶えず
「自分は救われるのか,救われないのか」
という宗教的不安を抱えることになる。
この不安を解消するため,
つまり「自分は選ばれている。救われる。」
確信を得るために世俗的職業労働が必要となった。
イマイチよくわからない。
それはどのような論理展開によるものか。

・・・
神は人間生活の社会的公正が彼の誡めに適い,
その目的に合致するように編成されていることを
欲し給うからなのだ。
・・・
神の栄光を増すために役立つのは怠惰や享楽ではなく
行為だけだ。
財産のあるものも労働をせずに食ってはいけない。
労働そのものではなく,合理的な職業労働こそが
神の求め給うものなのだ。
・・・
職業の有益さはどのように計られるのか。
神に喜ばれる程度によって計られる。
具体的には以下のようなもの。
・道徳的規準
・生産する財の全体に対する重要度という規準
・私経済的収益性
・・・
貧しいことを願うのは病気になることを願うのと一緒。
財産が大きければ大きいほど,
神の栄光のためにそれをどこまでも維持し,
不断の労働によって増加しなければならぬという
責任感も重くなる。

・社会にある財産は神に与えられたもの
 ↓

・財産を増やすことは神の栄光を増すこと
 ↓

・財産を増やすことで神に選ばれている
 という確信を得ることができる

という論理展開である。
とはいえあくまで
選びの確信を得ることができるのであって,
予め決まっていることが変わる訳ではない。
それが故に確信をより強めるために
職業労働を通して,財産を増やすことが
切実に求められたのかもしれない。 


もちろん日本における資本主義の精神は
また違ったものであろう。
それはまた別の機会に考えるとして・・・。

さてこのような近代資本主義の精神を踏まえて,
これからの働き方をどう考えていくのか。
パターンとして考えられるとすれば以下のような
ものか。

1.ワークライフバランス
伝統主義へ回帰するパターン。
これはない。何故ならば冒頭の方であったように
資本主義下で伝統主義の精神を持つことの先には
停滞しかないからだ。

2.出世を目指してひたすら働く
日本的資本主義精神へ回帰するパターン。
これもない。何故ならばここを目指すことは必ずしも

・道徳的規準
・生産する財の全体に対する重要度という規準
・私経済的収益性

この基準と一致するとは限らないからだ。
ではどうするか・・・。

3.地域経済への貢献を目指して働く
今はこれが一番しっくりくると感じている。
地域経済は生活圏を基盤として持つ。
そこに置ける財を増やすことは紛れもなく,
上記の基準とも一致する。

地に足のついた資本主義精神。
具体的にはまだ何も決まっていないが
ここから働き方を考えていこうと思う。